簡単でおいしい人気のレシピを紹介

林修の今でしょ講座 血流改善に【たまねぎの皮茶】作り方・レシピ

林修の今でしょ!

テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」
(2022年3月8日放送)
最高に美味い野菜の食べ方特集

たまねぎの皮の茶色い部分は捨てないで!
血管の健康を保つ、嬉しい成分が含まれています。

スポンサーリンク

たまねぎの皮茶・材料(作りやすい分量)

  • たまねぎの皮:ひとつかみ
    ※茶色の皮を乾燥させたもの
  • 水:適量
  • お茶パック:1袋

たまねぎの皮茶・作り方(調理時間:約10分)

(事前準備)

たまねぎの茶色い皮をネットに入れて日陰へ。カラカラに乾燥させておきます。

①乾燥させた皮をお茶パックに詰める。

②鍋に水と①を入れて、弱火で10分ほど煮出す。

③色が出たら火を止めて完成です。

④温かいままでも、冷やして飲んでもOKです。

ボトルにパックごと入れて冷蔵庫で冷やしておくのもおすすめ。

ポイント

たまねぎの皮にはケルセチンが豊富
血管を老けさせない効果が期待できます。

皮はしっかり乾燥させる
たまねぎを使うたびに乾かしながらためると良いです。
ネットに入れておけばカビません。

味の無いお茶なので、無理なく飲める
ちょっと野菜の香りがする程度です。

スポンサーリンク

まとめ

高血圧、体重増加の予防におすすめのお茶。
野菜の香りがしますが、無味で飲みやすいです。

たまねぎの皮に多く含まれる「ケルセチン」は、ポリフェノールの一種。
抗酸化作用、抗炎症作用、降圧作用などさまざまな効果が期待できます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今でしょ! おすすめのレシピ

林修の今でしょ!
「林修の今でしょ!」の記事一覧です。