簡単でおいしい人気のレシピを紹介

まる得マガジン 魔法のびん調理レシピ【マッシュポテト】作り方

まる得マガジン

NHK Eテレ「まる得マガジン」
(2022年2月2日放送)
魔法のびん調理レシピ(3)
レシピ:料理研究家、フードコーディネーター 市沢衣久さん


第3回目はポテトマッシュの作り方。
マッシュポテトで作るグラタン、とってもおいしそうです。

【広告】

マッシュポテト・材料(2人分)

  • じゃがいも(男爵):中2個

    生クリーム:1/2カップ
  • 塩:小さじ1/4

    バター:10g

    ※煮沸可能なビン(スクリュータイプのフタ付き)を用意

マッシュポテト・作り方(調理時間:約25分)

①清潔なビンとフタは、強火で沸騰させた湯の中で5分以上加熱する。ペーパーの上に逆さに置き、しっかり乾かしておく。

②じゃがいもは皮をむき、小さめの角切りに切る。水の中に10分間浸してアク抜きする。ザルにあげておく。

③ビンにじゃがいも、生クリームを入れる。フタをしめて全体がなじむまで振る。最後に少しだけフタをゆるめておく。

④鍋の底に布巾を敷き、中央にビンを置く。鍋に水を注ぐ。(ビンの中身が隠れる高さまで)

⑤中火で加熱して、沸騰したら弱めの中火にする。25分間加熱して火を止める。(途中お湯が少なくなったらお湯を足す)

⑥しっかり加熱したら鍋からビンを取り出す。

⑦熱いうちに塩、バターを加えてフォークで混ぜる。めん棒に持ちかえて、ビンの中でじゃがいもをつぶす。

⑧お好みの食感になるまでマッシュしたら完成です!

ポイント

スクリュータイプのフタ付きビン(煮沸可能なもの)を使う!
菌の繁殖、液モレが防げます。

ビン調理の加熱は水から!
いきなりお湯に入れて、ビンが割れることがないように。

鍋の底に布巾を敷いて加熱!
ビンがグラグラせず安定します。

ビンのフタはきつく閉めない!
加熱するとフタが空きづらくなります。

じゃがいもは水に浸ける!
アク抜き、変色防止のため。

生クリームの代わりに牛乳でもOK!
生クリームの方が濃厚にしあがります。

鍋のお湯が少なくなったらお湯を足す!
加熱時間が長いので蒸発します。
全体的に火が通るように、お湯の高さをキープする。

【広告】

まとめ

びん調理でマッシュポテトが作れます!
「ビンの中は狭いので、ラクにつぶせますよ」と市沢さん。
塩こしょうもビンの中でできて簡単です。

マッシュポテトで素敵なメニューをご紹介!

「ポテトグラタン」
①耐熱皿にマッシュポテトを平らに盛り、少量のマヨネーズをかける。
②たっぷりのチーズをかけ、トースターで5分焼く。焼き目がついたら完成です!

また、お好きな具材と牛乳を加えて煮込めば、
「ポテトとベーコンのミルクスープ」

塩こしょうだけのシンプルな味つけなので、いろいろアレンジが楽しめそうです。

マッシュポテトは温かいままでも、冷えてもおいしいそうです。

みなさんもぜひ「びん調理」挑戦してみてくださいね!

魔法のびんレシピ↓8回分の放送【まとめ】

まる得マガジン 魔法のびん調理 8つのレシピ【まとめ】作り方
NHK「まる得マガジン」(2022年1月31日~2月10日放送)魔法のビン調理レシピ(全8回)レシピ:料理研究家、フードコーディネーター 市沢衣久さん 材料をビンに入れて湯せんするだけ!料理...