簡単でおいしい人気のレシピを紹介

dai-docoro☆ベジタ【ミニトマトとバジルのミネストローネ】作り方・レシピ

dai-docoro☆ベジタ

TBSテレビ「dai-docoro☆ベジタ」
(2022年3月6日放送)
レシピ考案:ラ・ルッチョラ オーナーシェフ 鈴木浩治さん

簡単・おいしい・栄養満点レシピをご紹介。
旬の食材を使った、ミシュランシェフのおすすめの一品です。

スポンサーリンク

ミニトマトとバジルのミネストローネ・材料(2人分)

  • ミニトマト:8個
  • スライスベーコン:40g

    たまねぎ:1個

    にんじん:1/3本

    セロリ:2本

    にんにく:1g
  • オリーブオイル:12g

    塩:少々
  • 水:500ml

    顆粒コンソメ:1/2個
  • 冷やごはん:75g

    バジル:15枚
  • (仕上げ用)

    粉チーズ:小さじ1
    黒こしょう:お好みで
    オリーブオイル:7g

ミニトマトとバジルのミネストローネ・作り方(調理時間:約25分)

①ミニトマトは半分に切っておく。

②たまねぎ、にんじん、セロリを角切りにする。ベーコンは食べやすく切り、にんにくはみじん切りにしておく。

③フライパンに油を熱し、①を炒める。やわらかくなってきたら塩を加えて味をととのえる。

④フタをして蒸し煮にする。野菜に火が通ったら、トマト、水、顆粒コンソメを加える。時々混ぜながら、中火でさらに10分間煮込む。

⑤冷やごはん、手でちぎったバジルを加えて温める。

⑥お皿に盛りつけ、粉チーズ、黒こしょうをふり、オリーブオイルをまわしかけたら完成です!

ポイント

新鮮なミニトマトはヘタをチェック!
青々としてピンと立っているものを選ぶ。

トマトは赤色が濃いほどリコピンが豊富!
高い抗酸化作用が期待できます。

しっかり蒸し煮にする!
野菜のうま味と甘みが引き出されます。

冷やごはんを加える!
イタリアでは、米は野菜のひとつ!

スポンサーリンク

まとめ

ミニトマトとたまねぎは相性バッチリ!
トマトの「リコピン」と、たまねぎの「ケルセチン」で健康的なからだ作りが期待できます。

なんと食材のひとつとして冷やごはんを加えました。
いろんな食感が楽しめる、栄養いっぱいのスープ!

みなさんもぜひご家庭で作ってみてくださいね!