簡単でおいしい人気のレシピを紹介

マツコの知らない世界 イタリア家庭のレシピ【イチゴのティラミス】作り方

マツコの知らない世界

TBSテレビ「マツコの知らない世界」
(2021年12月21日放送)
ティラミスの世界
レシピ:料理研究家 ベリッシモ・フランチェスコさん

混ぜて冷やすだけ!
イタリアの家庭で食べられているレシピ大公開です。

スポンサーリンク

イチゴのティラミス・材料(4人分)

  • イチゴ:1パック

    リモンチェッロ(またはレモン汁):少々
  • (クリーム)

    卵黄:3個

    砂糖:大さじ1

    マスカルポーネチーズ:250g

    リモンチェッロ(またはレモン汁):お好みの量
  • (ビスケット)

    牛乳:100ml

    リモンチェッロ(またはレモン汁):お好みの量

    サヴォイアルディビスケット(またはビスケット):200g
  • (仕上げ用)

    ココアパウダー:適量

イチゴのティラミス

①イチゴはヘタを取って薄くスライス。ボウルに入れてリモンチェッロを少々ふりかける。サッと混ぜ、1時間漬けておく。

②卵黄をハンドミキサーで軽く泡立て、砂糖を加えてさらに泡立てる。卵黄の色が薄くなり、表面に小さな気泡ができクリーム状になれば良い(写真参照)

③②にマスカルポーネ、リモンチェッロを混ぜてクリームの完成。

④別のボウルに、牛乳、リモンチェッロを入れて準備しておく。(これにビスケットを3秒ほど浸す)

⑤容器にクリームの1/3量を入れてならし、イチゴを並べる。その上にビスケット3秒ほど浸しながら並べていく。これをもう一回繰り返し、一番上はクリームをのせて平らにする。

⑥冷蔵庫で3時間冷やし、仕上げにココアパウダーを振ってめしあがれ。

ポイント

リモンチェッロはイタリア伝統の柑橘系のお酒
レモン汁で代用OK

サヴォイアルディはイタリアのフィンガービスケット
なければ、普通のビスケットでも良い。

スポンサーリンク

まとめ

イタリアのティラミスは、各家庭によって味が少しずつ違うんだそう。
お母さんの味が出るんですね。

また日本のティラミスは生クリームを加えますが、イタリアは卵黄を加えて作ります。
より濃厚ですね。

イタリア生まれのベリッシモさん、
「日本のティラミスも、イタリアのティラミス、どっちもおいしい」と言ってましたよ。

みなさんもぜひ「イタリアのティラミス」ご家庭で作ってみてくださいね。